top of page

「耕雲院2.0」の設立メンバー募集いたします



耕雲院がある山梨県都留市は、城下町としての歴史と文化、富士山をはじめとした雄大な自然の恩恵を受けながら、全国的にも禅寺が多く密集している地域です。都留の歴史と「禅」は共に歩み深い関係性を形成しています。


「禅」の価値観は、ものごとの執着から離れ、今この瞬間を大切に生きることを意識し、日常生活の一つ一つを自分の行いとして認識していくことで、新たな気づきと創造性を豊かにすることにあります。

多様な価値観が交差する現代、withコロナの予測ができない未来、また過去に戻ることができないからこそ、お寺という心の拠り所が必要であると考えます。


耕雲院では現在長期的なビジョンとして、地域コミュニティのハブとなる「人と地域を繋ぐ〜未来の寺子屋プロジェクト〜」を実施しています。


そして、これからの中核として「禅」と多様性をかけ合わせ、業界や立場を超えた融合(プロジェクト)が生まれる「グローカル禅コミュニティ」を創設していきます。


「放下着(ほうげじゃく)」、つまり執着から離れ自己を見つめなおす禅の根本的な理念をコンセプトに、日常でおこなえる体験を創造します。


具体的な内容として、「禅×〇〇」や、坐禅や写経なと医療や食、または経営やフィットネスまで、あらゆる可能性と人間の本流を体験となることをニティとなることを理想とします。

日常と喧騒から少しだけ離れ、禅と自然の親和性から育まれるクリエイティブな感覚を養いながら、人間本来のあり方に接していただく絶好の機会と捉えます。


この体験から「今・ここ・私」を実感してもらい、耕雲院と都留の禅と自然からあるがままの姿をみつけることを目的とします。


また11/15(日)7:00〜7:30(オンライン座禅後)に説明会を開催させていただきます。

ご興味ある方はぜひご参加ください。

閲覧数:165回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page