top of page

あるべきようにつとめるということ

更新日:2020年9月4日

みなさま。こんにちは。オンライン坐禅会第14回にご参加いただきありがとうございます。

気がつけば8月も後半に入り時が経つ早さに日々翻弄されてしまいそうです。光陰矢の如し。このような時こそ“今という瞬間“を大切にしていきたいですね。


さて、今回のご質問ですが“正しく生きることより、心に正直に生きていいいのではないかと思うことがあります“と、もうひとつ“心の平和、他人を受け入れ許す力“について私なりにお話しさせていただきます。



今朝、本堂の扉を開けると今までよりも少し冷やりとした風が吹き込んできました。耕雲院では毎年夏のお盆を境に風鈴の音で涼しさを感じていただこうと本堂中に風鈴を飾っています。坐禅中、鳥のさえずりとともに風鈴の音もみなさまにお届けできればいいなあと思っていましたが、実際に始まってみますと、風が思うように吹き込んではくれず、歯痒いなあと感じてしまいました。


このように日常わずかなことでも人の心には波風が立つものです。諸行無常の世の中で心のあり方を保とうとすればするほど迷ってしまうこともあると思います。

大切な教えをいただくことで変わるもの

私が映画の撮影の際に、青山俊董老師に言われてとても楽になった言葉があります。


「やりたいことをやりたいようにではなく、あるべきようにつとめなさい」


自分が思うままにやりたいようにやるのではなく、自然と違和感なく寄り添うような感覚とでも言いましょうか、ありのままの自分でいて良いと人に言ってもらえた、そしてそのことに気づけたときに心がとても楽になりました。


自分はお坊さんだから正しく生きなければいけない。それは大前提でもあるけれども、とそこにとらわれ過ぎてしまうと逆にプレッシャーになり自分の心を押し潰してしまうこともあります。


お釈迦さまが説かれた仏教の基本的な概念である八正道(詳しくは以前のブログを参照してください)があります。人が生きていくということは生老病死の苦しみとともに生きることであり、その苦しみから脱する実践として8つの正しい行いとして八正道を説かれました。その中の一つでも今のご自身のあるべき姿に重ね合わせることが大切だと思います

禅語に“月は青天にあり、水は瓶にあり”という言葉があります。


朝陽が昇れば起きて、陽が沈めば眠くなる。いつまでも電気をつけていれば寝る時間が遅くなり、だんだんと身体のリズムが崩れてきます。土のうえをコンクリーで覆えば太陽が照り返しより一層暑さを感じ、クーラーをつければその熱を外に逃すために気温がさらに上昇し、いつしかクーラーがなければ生活ができなくなってしまいました。


やりたいことをやりたいようにしていると、どこかでそのツケが回ってきます。月は空にあり、水が瓶の中にあるというあるべき姿でいることが心の平和が訪れ、他人を受け入れ許すことにつながるのかもしれません。

本日も良い1日をお過ごしください。

次回のご案内です。

8月30日(日)

朝6時からになります。

ご参加ご希望の方はサイトよりお申し込みください。

みなさまのご参加心よりお待ちしております。


(in English)


Try to act in the way things should be.

Hello. Thank you very much for attending our fourteenth online Zen meditation session.

Surprisingly, it’s already late August. I feel like I might be mixed up with how quickly days have passed. Time flies. We could take a moment to feel like “Be here now.”

Well, I’d like to share my viewpoints on the following questions;

“Should I be true to myself in my life, rather than being right?” and “How can I forgive others and obtain peace of mind?”

Upon opening the window of the main temple this morning, I felt breeze a little cooler than ever. Here at Kounin Temple, we put wind-bells all over the place every year after the end of Obon season, hoping that visitors can enjoy cool air with the sound of the chimes. Actually, I was hoping that you can also enjoy it with the bird song during the meditation. However, once it started, wind didn’t blow as I expected, making me irritated.

Even trivial things like this in daily lives causes dissension. The more you try to stay calm in the world where all things must pass, the more you will lose yourself, I guess.

Precious teaching changes you.

During the movie shooting, Master Syundo Aoyama gave me words, which eased my mind. - “Try to act how things should be, not how you want to.”

Someone encouraged me to be just who I was, not to do whatever I wanted. I could say that was natural feeling, fitting in myself easily and stay present. Feeling like that made me so relaxed.

I must live exemplarily as a priest; That’s a fundamental premise, though. If you have that kind of obsession, you’ll adversely feel stressed and lose your heart.

Hasshodo, the Noble Eightfold Path, is a set of primary principles Buddha preached. (q.v. our previous blog) Life includes sufferings - birth, old age, illness and death.

Hasshodo is a set of eight practices to release those struggles. You can apply at least one of them to reflect on yourself and find how you are supposed to be.

In Zen teachings, there is a saying, Tsuki wa seiten ni ari, mizu wa hei ni ari. - the moon is in the sky and water is in the jug.

We get up with the dawn and feel drowsy at dusk. If we keep lights on, we’ll stay up late, causing a body clock off. If we put concrete on the earth, we’ll get more heat because of reflection. Also, air conditioners raise the temperature by releasing its heat. We find ourselves not being able to live without them.

If you do whatever you want to, you’ll need to pay price, eventually. The moon is in the sky and water is in the pitcher. When things are what they’re supposed to be, you can obtain peaceful mind and forgive others.

Have a wonderful day. Our next session will start at six in the morning, August 30, Sunday. Please sing up on this website. I sincerely look forward to having you again.

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page