top of page

ひとつで存在することはない縁起の視点

更新日:2020年9月23日

みなさま。こんにちは。河口智賢です。オンライン坐禅会第17回目にご参加いただきありがとうございます。今回は電波状況が不安定でご不便をおかけして申し訳ありませんでした。こうして日本中、世界中の方々と繋がれることはオンラインあってのこと、このツールに感謝です。しかし、まだまだ難しいこともあると改めて気づかされました。これも学びととらえ、目の前に起こった事実を受け入れていくということですね。

ここでは毎回、質問をいただいてそれにお答えするカタチをとっています。さて今回のご質問2つあります。

1つ目は「色即是空とは」についてです。

これは坐禅会の際に読んでいる般若心経に出てくるとても重要なところです。沢山の書籍でそれぞれ違った解釈がありますが、私なりに思うところをお話しさせていただきます。


「色即是空(しきそくぜくう 空即是色(くうそくぜしき)」

この体そのものは空(くう)であり 空(くう)そのものはこの体である

ここでは“色“を体と表現しています。そして“空(くう)“とは何もない状態、英語で訳せばempty(空っぽ)、つまり「空(くう)とは実体がないもの」と捉えています。

では、そのまま訳すと“この体は実態がないもの“ということでしょうか。体はここにあるのに、これだと少し雲を掴むような話になりますね。もう少し深く考えていきたいと思います。

般若心経ではさらに続く言葉として、仏教の重要な教え、中道(ちゅうどう、二元的にとらわれない真ん中の道)を実践する内容の言葉も出てきます。(中道については過去のブログをぜひご参照ください。)

「すべての現象には空(くう)が記されていて、生じることでもなく、滅することでもない。汚れたものでもなく、清らかなものでもない。増えるのではなく、減るのではない。」

無常(とどまることがない移ろいゆくもの)のこの世界において、眼や鼻も舌などの感覚もこの体は実体がない状態とも理解できる言葉が続きます。しかし、そうすると私たちの存在自体が無いということになってしまいます。

そこで“空“を理解する上で最も大切なことは「身体も心も感覚もそれぞれが”独立した実体“ではない。」ということです。つまり、体があって心がある。心があって体がある。眼も鼻も口も耳もそれ単体で機能するわけではなく、体を通して感覚があって、意識となって心へと繋がるように。“私“という存在は、この世界に誰もいなければその存在を証明してくれない。“私”という存在は他人との関わり、つまりすべては“縁起“によって成り立っているということです。

「この体そのものは空である」ということは、

「この体そのものは縁起で成り立っているものである」

これが私なりに解釈した「色即是空」についてのとらえかたです。

そして、もう一つの質問についてです。

「常にマインドを幸福感んで満たすには、日々どんなことに意識を向けたら良いか。」についてお答えします。

禅語に「喫茶去(きっさこ)」という言葉があります。どんな方にもまずは一杯のお茶をさしだす心遣いです。

たとえ嫌いな人であっても“まずはお茶を召し上がれ“と余裕を持って接する。遅刻して息を切らしている相手にも“お茶でも飲んで落ち着いて“と一呼吸おいて思いやりの言葉をかけてあげられる。

そんな心のゆとりを持つ努力ができれば、利他行によって自分のマインドも満たすことにつながると思います。

私自身、思うようにことが進まず、焦りを感じた時に(今回とか…)優しい言葉をかけてもらうと気が楽になります。気が楽になれば次につなげようと意識が湧き出てくるものです。

すべてのことがご縁で支えられている実体に気づければ利他のマインドで幸福の循環が生まれるのではないでしょうか。

今回もありがとうございました。

みなさまにとって良い1日をお過ごしいただけることを願っています。

次回のご案内です。

9月20日(日)朝6時からです。

こちらのサイトからお申し込みください。

次回もお会いできることを楽しみにしております。


(in English)


online Zen meditation email magazine vol.14

To have the viewpoint of understanding that destiny doesn’t stand alone

Hello, everyone. I’m Chiken Kawaguchi. Thank you very much for attending our seventeenth online Zen meditation session.

I’m sorry for the inconvenience of internet access today. I appreciate that I can connect with people both in Japan and all over the world, thanks to this online tool. However, I once more found that there are things I need to tackle with. I should accept whatever happens in reality and learn from experiences.

Here, I take a style of answering to the questions I have received. We have two today.

One is about the Zen word, “Shiki soku ze ku” - All is vanity.

This word is a focal point in Hannya Shingyo, the Heart Sutra, I chant in our session. Many different interpretations are given in books, but I’d like to talk about it from my viewpoint.

“Shiki soku ze ku. Ku soku ze shiki.”

This whole body is filled with emptiness and the emptiness consists this body.

Here, “shiki” represents “the body” and “ku” does “emptiness”. - in other words, lack of substance.

Well, does that really mean this body is empty, if literally translated? The body actually exists, right? It sounds like a vague story. So, let’s take a close look at this question.

In the Heart Sutra, “Chudo" - the middle road, a critical word in Buddhism, follows; It is the mean where you are not obsessed with anything. See my last blog for “Chudo."

Emptiness is mentioned in every phenomenon. Nothing yields or perishes. Nothing is corrupted or innocent. Nothing increases or decreases.

The following words in the sutra explains that this body, even the sense organs like the eyes, the nose and the tongue, actually doesn’t exist in this world of Mujyo, the impermanence of worldly things. If that’s the case, it will be interpreted that we have no body.

So, the point in understanding “ku” - emptiness, is that our body, mind and senses are not separate substances. In short, the mind doesn’t exist without the body and vice versa. Whatever, like the eyes, the nose, the mouth, or the ears, doesn’t function individually. The senses are formed through the body, then they transform into the consciousness, forming itself into the mind.

The I of today will not be substantiated without existence of others in this life, which concludes that the I of today is only realized through the relations with others, that is destiny.

“This body is empty itself.” means that “This body is born through fate.” This is how I understand the principle of “Shiki ku ze ku.”

The next question is “What should I be conscious of every day so that my mind is always filled with happiness?”

There is a word, Kissako, in Zen teachings. It describes kind consideration of serving a cup of tea to anybody, anyway. You should serve whoever you like or not with some tea with the sense of complacency. You should be composed enough to say something like “Have some tea and feel at ease.” even to the person who is late out of breath.

Making efforts to practice such altruism will fill you with happiness, I believe. For myself, when I am impatient at unexpected events, like today’s trouble, somebody’s kind words relieve the anxiety. When you feel at ease, you’ll have exuberant spirits to try it better next time.

If you realize that everything is underpinned with a turn of fate, the happy circle of altruistic mind will be born.

Thank you again, and enjoy your day.

Our next session will start at 6 a.m., September 20, Sunday. Please sing up on this website. I very much look forward to having you again.

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page