top of page

“命”とは相続されたご縁そのもの

更新日:2020年8月22日

みなさん。こんにちは。河口智賢(ちけん)です。

今回もオンライン坐禅会第12回にご参加いただきありがとうございます。

遅い梅雨明けで急に真夏日になりましたが、みなさま熱中症などにはくれぐれもお気をつけください。

さて、今回いただいたご質問から“命とは”というとても大切なテーマを私なりにお話をさせていただきます。少し長くなりますがご一読いただければ幸いです。


今朝も夏の日差しが感じられますね。早朝に坐禅をしていると気づかされることがたくさんあります。徐々に朝日が昇り、窓から日差しが差し込んで自分まで届き体が少し汗ばんでくる感覚を覚えます。またそれと同時に鳥の鳴き声が大きくなっていったり、周りの環境と自分の体が一緒に目覚めていくことを感じます。

日常生活を何気なく過ごしていると気づけないことも、坐禅をして瞑想なのかで感じる一つ一つの感覚、それぞれに命の鼓動があることに気づかされます。時には立ち止まって一呼吸おいてみるのもいいかもしれません。

一つ一つのご縁の連鎖と向き合う

私たちの“命”は自分一人だけで成り立っているわけではありません。産んでくださったご両親はもちろん沢山のご先祖さまの命を相続しています。両親のそのまた両親つまりおじいいちゃんおばあちゃんと順にさかのぼっていきます。自分に至るまで10代さかのぼれば1,000人、20代さかのぼるとなんと100万人を超えるご先祖さまがいます。

数だけをみるとへーとなってしまいますが、100万分の1、この中のたった一人でも欠けてしまえば今の自分は存在しません。両親のどちらかがいなければ生まれない、そのことをずっと繰り返して今の自分まで命が相続されていることに気づかされます。

また、尊いご縁あっての命でもあります。生まれてからもミルクを飲ませてもらったり、オムツを替えてもらったり、勉強や仕事を教えてもらったりと。

今に至るまでも親、親戚、友人、同僚など知らず知らずのうちに数えきれないほど沢山の人に支えられて“自分”という存在があるわけです。

生きていくために欠かすことができない食事だってそうです。以前お話ししましたが、モンゴルでは冬は零下40度になり、過酷な環境がゆえに野菜はほぼ輸入にたよっています。なので彼らは夏場は家畜の乳製品を大事にいただき、冬になれば越冬ができなくなった家畜の命を大切にいただいています。目に見える命をいただくということ、また血が流れるものだけが命ではなく、米粒一粒にも命が宿っていることにしっかりと向かい合うことが本質でありとても大切なことだと思います。

植物にしても勝手に育つわけではなく、日照不足が続けば中々成長が悪くなり、実がつかなかったりします。逆に日照りばかりで水が不足すれば同様に枯れてしまいます。人の手で育てるには適度な肥料も必要になってきます。

植物も命を育むためには周りの環境というご縁、具体的に言えば太陽や水、人の手などのバランスがあるからこそ豊かな実りとなっていくのです。

沢山のご縁でいただく食事だからこそ、いただきますとは手を合わせることそして“命いただきます”ということを思っていただくことが大切です。

人として生まれることの難しさ

“人身得ること難し、仏法逢うこと稀なり”という禅の言葉があります。

お釈迦さまは、ガンジス川の河原で弟子の阿難(あなん)に「手のひらに砂を目一杯取ってくれないか」と言いました。阿難は砂を手に取り、次にお釈迦さまは「その手のひらの砂と河原の砂はどちらが多いか」と尋ねました。阿難は「それは河原の砂です」と答えます。お釈迦さまは「その通り。この世界には、河原の砂と同じように数えきれないほどの命がある。しかし、人はその手のひらの砂ほどしかいない。それほど人として生まれることは難しいことである」。さらに釈迦さまは手のひらの砂を小指の爪の上に乗せ、「人に生まれても仏法に出会うことができるのはこれほど稀なことである。」と、命はみな平等ですが、その中でも人として生まれることの難しさ、さらにその中でも仏法に出会えることは稀なこと、そのご縁の尊さを説かれたお話しです。

いくつもの得がたいご縁が重なって授かった一度きりの私たちの命です。さらには、私にとっては仏法ですが、みなさまにとっての“これ“といった尊いご縁に巡り合えたその瞬間を、今を大切になさってください。

今の自分に至るまではどのご縁が欠けても成り立ちません。命とは一つ一つのご縁が繋がり相続していくものだと私は思います。

お盆のこのひとときに大切な命と向き合ってみることも良いかもしれません。

長文を読んでいただきありがとうございます。

みなさまも良い1日をお過ごしください。

次回のオンライン坐禅会は8月16日(日)朝6時からです。

こちらのサイトよりお申し込みください。

みなさまのご参加心よりお持ちしています。


(in English)

online Zen meditation email magazine vol. 9

“Life” is inherited relations, pure and simple.

Hello. I’m Chiken Kawaguchi.

Thank you very much for attending our twelfth online Zen meditation session.

The rainy season was finally over and we’ve seen a swift change to tropical weather. Please take caution against heatstroke.

Today’s question is “What is life?”- It’s a big theme. I’d like to talk about this from my view point. I’m afraid it might be a bit long, but I’d be happy if you would read through.

We can enjoy the summer sunshine this morning. There are a lot of things I can notice while meditating early morning. The sun is rising up little by little. The sunlight is shining through the window and I find myself slightly sweaty. In the meantime, I also notice the birds’ chirping is getting louder and my body is getting awake as well as lives in nature.

Zen meditation help me feel delicate senses and pulse in each life, which is something we cannot notice in daily life, if spent casually. It might be a good idea to stop and take a deep breath sometimes.

Let’s take a close look at a chain of relations.

Our “life” is not made of itself. We inherit hundreds of lives of our ancestors, not to mention our parents who engaged in our birth. Your life can be traced back in the past generations in order, like your parents, their parents or your grandparents. If you go back ten generations, there will be one thousand ancestors - if twenty, surprisingly over one million.

Just looking at the numbers, you’ll be taken aback. However, you never exist without any of them, like one-millionth of chance. That makes us realize that anybody will never be born even with a lack of one parent and a cycle of human lives has continued till now.

Also, precious relations contribute to one life. Somebody feeds you, changes your diapers, teaches you at school or at work and so forth. Unknowingly, you are in existence with the support from countless people such as your parents, relatives, friends or co-workers.

Needless to say, that can be said about the food, indispensable for us to live. Mentioned before, the temperature goes down to - 40 degrees in winter in Mongolia. People there import most vegetables in such a harsh environment. They cautiously eat dairy products of their livestocks in summer and eat their domestic animals which cannot survive the winter. It’s essential and vital for us to understand that we eat visible lives, not only living things but even a grain of rice.

Besides, plants cannot grow on their own. They don’t grow well or bear fruits in wet weathers. On the contrary, they die in dry weathers as well. They also need an appropriate amount of compost given by humans. They are able to grow up and have an abundant crop, thanks to well-balanced relations in the environment - to be specific, the sun, water and man power.

For this reason, we should appreciate to eat food, which is brought to us owing to a lot of connections and place our hands together and say “Itadaki masu”, thinking that we eat precious lives.

Miracle of being born as a human being

Here is one of Zen teachings, “Ninshin erukoto katashi, buppo oukoto mare nari.”

At the riverbed of the Ganges River, the omniscient Buddha told his disciple Anan to scoop one handful of sand. After Anan did so, Buddha asked him “Which has more sand, one in your hands or one in the riverbank?” He answered “That’s the one in the riverbank.” “ Exactly. There are a myriad of lives in this world just like the sand in the riverbed. However, there are only humans just like the sand in your hands. Being born as a human being is such a difficult thing” said Buddha. Then, he put grains of the sand on his little finger and said “Moreover, being as a human being to become a Buddhist priest is such a rare thing like this.”

Everybody’s life is equally important, but it’s so difficult to become a human, even more difficult to become a priest. The story tells us how invaluable the fate is.

We all have one-time gifted life, thanks to layers of hard-to-obtain bonds,. I hope you cherish the moment you find precious tie or your destiny. As for me, it’s Buddhism. You are here because of a succession of connections without missing any. I believe that life is inheritance of each single of them.

It might be good to give a valuable life careful thought during Bon holidays.

Thank you for taking time to read the long passages.

Hope you’ll enjoy your day. Our next session will start at six in the morning, August 16, Sunday. Please sing up on this website. I very much look forward to seeing you again.

Sincerely,

Chiken Kawaguchi

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page