top of page

業を省みることは本来無一物ということ

更新日:2020年9月4日

みなさん。こんにちは。河口智賢です。

今回もオンライン坐禅会第13回目にご参加いただきありがとうございます。

今朝はzoomの接続が上手くいかないというオンラインならでは不具合のためご迷惑をおけいたしました。こういったことがあるということも改めて学びになりました。

さて、今回のご質問ですが“心の平和”と“三毒について”をテーマに、私なりにお話をさせていただきます。


今回はまさに自分自身の心の平和について考えさせられました。

予期せぬことが起こると誰しも焦るものです。また、仕事でのトラブルや日常生活でも心が乱れてばかりかもしれません。そして、心が乱れるということは、そこに怒りや焦りの感情が強くなっていることもよくあります。

身口意の三業

仏教では「貪・瞋・癡(とん・じん・ち)の三毒」という表現があります。

貪(とん)=むさぼり

瞋(じん)=怒り

癡(ち)=愚かさ

の3つの毒として、私たち自身から生まれる業(ごう)によるもので、トラブルの原因ともなります。

人は何でも欲しいとむさぼる心が存在します。しかし手に入らなくなるとそれに対して怒りの感情へと変化していきます。なぜ手に入れることができないのか、なぜ怒りの感情が生まれるのか、それは自分自身が無知で愚かであるが故にということだからです。

これは一つの例えですが、業からうまれる三毒は誰しもが持っている過ちのことです。

過ったならば、二度と同じ過ちをしないと反省をすることが大切になります。

それを仏教では懺悔(さんげ)と言います。一般的には“ざんげ“とも言います。

その過ちを省みる「懺悔文(さんげもん)」というお経があります。

我昔所造諸悪業(われ昔より造れる諸々の悪業は)

皆由無始貪瞋癡(みな無始の貪瞋癡に由りて) 従身口意之所生(身と口と意より生じるものなり) 一切我今皆懺悔(一切われ今懺悔したてまつる)

むさぼり、怒り、愚かさの三毒は、行動としてその身体から表れ、口から出る言葉に表れ、感情という心に表れます。そうなった時は二度としないようにと反省をすることが大切です。

友達や家族の前だと気を許しているからこそなおさら出やすい感情かもしれません。素直に反省することも大切ですが、誰かに許してもらうこともまた必要です。でなければ、心も身体も潰れてしまいます。

自分が自分がと我を通そうとすればするほど上手くいかないのは三毒が原因かもしれません。

もともと何も持っていない

禅語に“本来無一物”という言葉があります。

私たちはもともと何も持っていないということです。

ソワソワした李、モヤモヤしたりするときは、心の中に恐れや怒りの感情があるから起こりやすいかもしれません。私たちは執着している限り常に満たされることはなく、不安な気持ちになってしまいます。

しかし、その気持ちは実は自分自身が作り出している感情にすぎません。

“本来無一物“

物はないけれどもご縁がある。

そのように捉えられれば少し気持ちが楽になるのではないでしょうか。

長文をご覧いただきありがとうございます。

良い1日をお過ごしください。

次回のご案内です。

8月23日(日)

朝6時より開催いたします。

またみなさまにお会いできることを楽しみにしております。


(in English)


Reflection on your activities boils down to essential nothingness.

Hello. I’m Chiken Kawaguchi.

Thank you very much for attending our thirteenth online Zen meditation session.

I’m sorry for the inconvenience caused by our Zoom disconnection unique to online trouble. I once again learned that such a thing happens.

Today’s themes are “peace of mind” and “the three kleshas.” I’d like to talk about them from my view point.

Actually, what happened today made me ponder over peace of mind. When something unexpected comes up, people become overanxious. Also, it may be true that we often lose our composure over troubles at work or in our daily lives. Moreover, tumult often shows growing emotions like anger and impatience.

Three activities - action, speech and thought

Here is one of the Buddhist teachings - the three kleshas of Ton Jin Chi, which include desire, ill will and ignorance respectively.

These three are said to be a cause of trouble, yielded from our karma. Everybody has greed in mind and it transforms to anger once we cannot obtain what we want. The reason why we cannot obtain or why we have anger comes from our ignorance and foolishness.

This is an example, though. Everybody has a fault or the three kleshas caused by karma. When making a mistake, we should make a point of examining ourselves so that we can avoid the same mistake. In Buddhism, that’s called sange or zange, in general term.

There is a sutra “Sangemon - confession” to preach us the importance of reflection.

Ga syaku syo zo syo aku go - Ware mukashi yori tsukureru moromoro no akugo wa

Kai yu mushi ton jin chi - Mina mushi no ton jin chi ni yorite

Jyo shin ku i si syo syo - Shin to ku to i yori syojiru mono nari

Issai ga kon kai san ge - Issai ware ima sange shitate matsuru.

The three kleshas, desire, ill will and ignorance, emerge from the body in the form of actions as well as words from the mouth and feelings from the mind.

Once that happens, we should keep it in mind to not repeat the error.

When you are relaxed with your friends or family, these emotions might appear even more easily. While we simply need to reflect on ourselves, the errors should be forgiven. Otherwise, the heart will break off and the body won’t make it. Three poisonous earthly desires lie behind the reason why things don’t go well as you demand your own way.

We have nothing by nature.

There is a saying in Buddhism, Honrai mu ichi motsu, meaning that we don’t possess anything from the first. You may be rest less or have uncertain feeling when you have emotions like fear or anger. As long as you are obsessed, you’ll never be satisfied ,feeling anxious.

However, that feeling is nothing but what you make out of yourself, actually.

“All things are essentially nothingness.”

There is no thing, but relation. Let’s think this way and you’ll get peace of mind.

Thank you for reading this long message.

Have a nice day. Our next session will start at six in the morning, August 23, Sunday.

I very much look forward to seeing you again.

Sincerely,

Chiken Kawaguchi


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page