top of page

目標達成のそのあとはどうすべきか

更新日:2020年10月24日

みなさま。こんにちは。河口智賢です。今回もオンライン坐禅会第19回目にご参加いただきましてありがとうございます。

コロナ禍のなか、5月から始めて先週は私の都合で初めてお休みをいただきました。

先週は曹洞宗の大本山永平寺へ行ってきました。私が修行していた15年程前と変わらない風景がそこにはありました。

春は優しい色の花が咲き、夏は深緑と鳥のさえずりで目が覚め、秋には紅葉と山の幸が身体を癒し、冬は雪の寒さの中で冴え渡る感覚を養っていく。

永平寺に行くと修行中に感じていた、四季折々の自然と人との共存をいつも思い出させてくれます。

そこには自分の“今“の活動につながる教えや、生活が色濃く面々と受け継がれているました。”自分の原点がここにある“と、このありがたさに気づかされます。

今回は「楽しみを増やすためにはどうしたらいいですか」というご質問をいただきました。




禅語に「百尺竿頭に一歩を進む」という言葉があります。

自分の仕事やプロジェクトなど目標達成までの長い道のりを百尺の竿に喩え、その目標を達成した先が竿頭つまり、これ以上進む道がない竿の先になります。

ご自身のお仕事であったり何かプロジェクトであったり、その中で目標を達成することができればそこで幸福感を得られます。

私で例えたら修業をして何か悟りを得ることができたとか。

では悟ったら、目標を達成したらその先はどうするか。

その時にこそ「百尺竿頭に一歩を進む」です。

この言葉はその先に一歩進んでみましょう。 もしくは後ろに一歩戻るでもいいです。

とにかくその場に留まらずにどちらかに進んでみようという言葉なんです。

目標を達成してしまって、さぁ次に何をしようといろんなことを考えます。

でも実はそこ目標を達成した時のその幸福感それが忘れられずに、私たちはずっとそこに留まり、いつの間にか執着に捉われています。

周りの時間は流れているのにいつしか自分はそこで止まってしまっている。

その中で過去の栄光や成功に捉われながら、あれ何か違う、こんなはずじゃなかったのにと、気づかされる時があると思うんです。

いろんなことを経験させていただいて、今度は自分がそこでさせていただいたことを違う人に譲ったり、教える立場になったらどうでしょう。

自分が一歩後ろに戻って、次の人のために伝えることで、ほかの人がまた育っていくわけです。自分が経験して学んだことで得た楽しみを、後進を育てる役になればそこで更に新しい楽しみが増えるものだと思います。

または、今度は竿の先を飛び出して全く新しい道に一歩を踏み出すかです。

そこで全く違う世界が見えはずです。

知らない世界ですとか新しいことを始める勇気がいります。

でもそこで一歩を踏み出してみると、いろんなことが待っています。

実はこのオンライン座禅がそうです。今までオンラインで座禅をするなんてことはなかったです。でも一歩を踏み出したことによって皆さんとのご縁ができました。しかも世界中です。

この一歩が今の私にとってかけがえのない経験であり、毎週の楽しみです。ありがたさというものを本当に感じさせていただいています。このご縁1つ1つがまた繋がって何か新しいものが生まれるかもしれません。きっとそうなるはずです。

楽しさを増やそうとするならば、自分がそこに留まらず一歩進んでみるということ。

達成したなと思ったら、違った目線で自分が今いる立場を見てみることも楽しいはずです。

「百尺竿頭に1歩を進む」ご縁を繋ぐ大切な言葉だと思っています。

肌寒くなってきていよいよ季節の変わり目です。どうぞ体調をしっかりと整えて頂いてお過ごしいただければと思います。

ご拝読いただきありがとうございました。

次回は10月11日(日)です。

みなさまのご参加心よりお待ちしております。


(in English)


online Zen meditation email magazine vol.16

What should I do after I have achieved a goal?

Hello, everyone. I’m Chiken Kawaguchi. Thank you very much for attending our nineteenth online Zen meditation session.

During the coronavirus crisis, I couldn’t hold the session last week for the first time since it started in May. I went to the head temple of Soto syu, Eiheiji Temple.

I found the scenery which hadn’t changed at all from the time I had a training fifteen years ago - seeing beautiful flowers bloom in spring time, waking up with birds’ songs in the deep green in summer, being blessed with colored leaves and food from a mountain in autumn and nurturing the sensitivity of coldness in snowy winter.

Whenever I go there, the scenery always reminds me of the co-existence of nature of seasons and people. The teachings and life there which have brought about my present activities have been passed on unceasingly and noticeably. I found my origin there and appreciated its sanctity over again.

Today’s question is “How can I get more fun?”

We have the following words in Zen teachings, “Hyakusyaku kanto ni ippo wo susumu.” A long way to accomplish a goal, something you aim at work like a project, is likened to a pole of one-hundred shaku, about 30 meters. The achievement is compared to the head of the pole, or no more place ahead.

You may feel happy when you reach such goals. - as for me, being able to receive enlightenment during a training and then what I should do after that.

That’s the time to remember “Hyakusyaku kanto ni ippo wo susumu.”

It teaches us to move forward or backward one step, anyway, not to stay there but go ahead in either way. When you carry out you purpose, you may ponder what’s next. In fact, you can not forget happiness you get in doing what you intend and remain there. Before you know, you will be obsessed with it.

Time passes by around you, but you stop there obsessed with the past glory and success. Then, you will notice that something is different or something has gone wrong, I think.

How about passing what you’ve learned from various kinds of experiences to somebody else or taking a position of teaching? You can educate successors by stepping back and teaching. Mentoring what you’ve learned from your experiences will give you more fun.

Otherwise, you go over the edge of the pole and make a new step forward. Then, you’ll find the whole new world. You need to be courageous to enter the unknown world or start new things. However, one such step will bring you many wonders.

Actually, this online Zen meditation session is one of them. I haven’t expected to do zazen online, but my taking a step forward has led to tying bonds with all of you, even all over the world. This initial step is a precious experience for me and I look forward to it every week. I am truly appreciated. This chain of connections may bring about something new, I know it will.

If you want more joy, never remain but go forward. It should be fun to observe your present position from different perspectives once you obtain your goal.

“Hyakusyaku kanto ni ippo wo susumu” - It’s very precious words to keep bonds, I believe.

It’s getting chilly and the season is changing. I hope you all take good care of yourselves. Thank you for reading. Our next session will be on October 11, Sunday. I look forward to having you again.

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page